読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAMANOTE

──とび森&ハッピーホームデザイナー日誌──

サリーの家★はんなり、私らしく

ハッピーホームデザイナー、今日の依頼主はゾウの【サリー】
『洋服と住む部屋』をご希望です。


最近 古い町並みが残る地区の空き家を借りてお店を始める人が増えてきました。

f:id:hamanote:20160410001207p:plain

サリーもそのひとり。使わなくなった蔵を改造して、長年の夢だったリサイクルショップを開店しました。

f:id:hamanote:20160410000546j:plain

「いらっしゃいませ、シャララ」

お店はリサイクルの着物やリメイク・手作りの小物がいっぱい。

f:id:hamanote:20160410000549j:plain

ディスプレイも個性的。サリーのセンスが光ってます。

f:id:hamanote:20160410000553j:plain

『アンティークの鏡は和のテイストにも馴染むんだ~。勉強になるなぁ』

生地を張り替えたトランクやレースを足してお洒落に生まれ変わったワンピースまで
物を大事にするサリーの心が伝わってくるようです。


お店の2階は倉庫兼 作業場です。

f:id:hamanote:20160410000557j:plain

サリーはあのミシンで古い生地に新しい命を吹き込んでいるんですね。

f:id:hamanote:20160410000600j:plain

ミシンの横にはこれから生まれ変わる布たちが積まれています。

f:id:hamanote:20160410000602j:plain

「お家で眠っている服があったらぜひお持ちくださいね、シャララ」
ここでは使わなくなった服の生地から小物を作るサービスもやっているそう。

f:id:hamanote:20160410000605j:plain

「お店が軌道に乗ったら、本格的に仕事場を増築してここに住みたいと思います、シャララ」

 

f:id:hamanote:20160410001221p:plain

古いものを大切にしながら新しいものを生み出す……そんなサリーの生き方がお客さんにも共感を呼んでいるようです。既製品とは一味違う 自分らしい一品に出会えるお店──あなたも一度訪れてみてはいかがでしょうか(*´∇`*)

 

にほんブログ村 ゲームブログ どうぶつの森へ
押していただけると励みになります



f:id:hamanote:20160410000610j:plain

ありがちなネタですが、自分で作るのは面倒なので使わせて~という方がいらしたら どうぞご自由にお持ち帰りください。